らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

皆さんこんにちわ!今月は14年ぶりにマスターズ優勝を果たしたタイガーウッズ選手についてお話します。43歳、度重なるひざの故障や腰痛に見舞われ手術を繰り返しながらつかんだ栄冠。メジャー大会通算15勝目。しかし、この偉大な復活劇の前には数々の苦難がありました。不倫報道や交通事故・・。多くの人々が「タイガーウッズはもう終わった」と思ったことでしょう。生後9か月でクラブを握り、8歳で世界ジュニア優勝。18歳で全米アマを史上最年少制覇し鳴り物入りでプロ入り。マスターズでメジャー最年少(21歳)優勝を飾った天才・・。長いスランプを耐え抜いたタイガーウッズはウイニングパットを沈めると両手を大きく上げて喜びを爆発させました!私もテレビで見ていて感動しました。優勝セレモニーでは、人生や肉体的な問題で悩んでいる人々にメッセージは?という記者の質問に対して「決してあきらめてはいけない。それしかないんだ。常に戦うこと。あきらめたら道は開けない!」幾多の苦難にも決してあきらめなかったタイガーのメッセージに深く共感しました。

(2019年5月号)

「らぶみちゃんデート編」