らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

皆さんこんにちは!先月に続いて今月も私が読んだ本アドラーの「嫌われる勇気」という本のお話です。アドラーは心理学の世界では偉人であり、自己啓発の世界に大きな影響を与えた人物です。そのアドラーが、人間は10歳前後で「ライフスタイル」をつくり、それを一生使い続けると言っています。ライフスタイルとは性格と言ってもいいし、その人なりのものの見方のようなものです。そして、今現在が不幸ならば、ライフスタイルを変える必要があるとも言っています。私はこの本を読んで、自分のライフスタイルについて考えてみました。すると、びっくりするような結果が出ました。私は父と確執があり、父が死ぬまで、反発をしていましたが、それは10歳の時の転校が原因だったのです。私は父の仕事の関係で、小学校を4回変わっています。その度に、仲の良い友達と別れなければなりません。特に久留米の小学校では、仲の良い友達が多く、父に単身赴任を直訴しましたが受け入れてもらえませんでした。その怒りが反発となって、大人になってからも繰り返されたのです。それに気付いた時、とてもびっくりしました。今シーピーでは、社員に「嫌われる勇気」を読むことと自分のライフスタイルについて考えることを勧めています。

(2014年06月号)

「らぶみちゃんデート編」