らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

皆さんこんにちは!今年も残す所あとわずかとなりました。私ごとですが、今年で50歳の節目の歳を迎えました。今後どういう風に歳を重ねていこうかと考えることが増えています。そんな時、テレビで矢沢永吉さんの日本武道館コンサートを見ました。今更ながら64歳にして第一線で活躍していることに驚きます。思い返せば中学時代…キャロルを解散した永ちゃんは、私が中学生の時ソロデビューしました。友達と連れ立って、熊本の「火の国ランド」にコンサートに行った時のこと・・・坊主頭にビニジャン(革ジャンを買うお金がなかったのでビニールジャンパー)でキメた僕らは、電車に乗ってコンサート会場へ向かいました。駅から歩いて会場に向かっていると、シャコタン(車高を低くした車)に乗った高校生から、「坊主!乗せていこうか」と声をかけられ、カツアゲされるんじゃないかとビビッて「いや、いいです。ありがとうございます。」とそれだけ言うと走って逃げました。会場に入ると永ちゃんコール!弾き語りでバラードを歌う永ちゃんはカッコよかった。100万部を超えるベストセラーとなった永ちゃんの本「成り上がり」はその頃の僕のバイブルでした。あれから数十年・・・64歳になった永ちゃんは相変わらずのカッコよさで走り続けています。わたしも年下の世代から、あの人のような歳の取り方をしたい、と言われたいものです。「俺も負けずに50代を突っ走るぜ!永ちゃん!」・・・ということで、皆さん今年も一年間、ご愛顧ありがとうございました。来年が皆さんにとって素晴らしい年であることをお祈りしています!どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!!

(2014年01月号)

「らぶみちゃんデート編」