らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

みなさんこんにちは!今月はちょっとびっくりするお話です。この間、ある記事を読んで驚いたのですが、「宇宙エレベーター」というアイデアがあるそうです。文字通り地球と宇宙をエレベーターでつなごうという壮大な話です。宇宙開発にはロケットエンジンの燃料費など莫大なコストがかかります。ところが、もし宇宙までエレベーターでつなぐことができれば、コストは95%以上削減できるというのです。アイデア自体は40年以上前からあり、複数の科学者が発表しましたが、実現に関してはほぼ不可能とされてきました。なぜなら、エレベーターの軸となるケーブル。地上10万キロまで届く強度と軽さを兼ね備える素材がなかったのです。ところが、カーボンナノチューブという新素材が発見されて一気に実現する可能性が出てきました。実際、12年後には完成できるといわれています。実現されれば、低コストで宇宙に資材が運べるので、たとえば大量の電力を供給する「宇宙太陽光発電所」がつくられたりする訳です。これってすごくないですか?考えて見れば、我々の国をみても明治維新は今からたった150年くらい前。もし坂本竜馬がスカイツリーや旅客機を見たら、びっくりして、腰を抜かすかも知れません。いま私たちがびっくりするようなことが、数十年もすれば普通のこと・・・宇宙エレベーターで、「ちょっと宇宙まで・・・」という時代が来るかもしれません。ちょっとワクワクしますね。

(2013年12月号)

「らぶみちゃんデート編」