らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

皆さんこんにちは!今月は私の師匠についてお話します。私は12年間タヤマ学校と言う研修に参加しています。思えば12年前・・・社長になったばかりの私は、どう経営すればよいのか分からずに迷ってばかりいました。知り合いから「タヤマに行くと迷いが無くなりますよ」と言われ、その言葉に惹かれてタヤマ学校の門をたたきました。それから12年研修に通い続け、田山敏雄校長から多くのことを教わりました。「リーダーにとって一番大事なのは情愛だ」「リーダーだって人間だ、弱さを見せたっていいんだ」タヤマ学校に通ううちに、自分で言うのもおかしいですが、ずいぶん人間的になったのではないかと思います。その校長が今年の7月31日に永眠されました。3月にお会いしたのが最後となりました。「VIP7」という研修に参加したとき、校長がおっしゃいました。「研修で色んな気付きがあったでしょうが、最後に君達にひと言メッセージがあります」そう言うと「終わりじゃない!」と大きな声で叫びました。僕らがあっけにとられていると、「大事なことなんで、もう一回言うぞ。終わりじゃない!」ともう一度叫び、そして、こう言いました「人間はすぐに大事なことを忘れる。でも田山敏雄が73歳のときに終わりじゃない!と2回叫んだことだけは忘れないで欲しい・・・」私はこれが校長の遺言だったと思います。学びに終わりなし。分かったつもりになったら人間終わり・・多分そう言いたかったのだと思います。私は、生涯青春の気持ちで、これから学び続けて行こうと思います。

(2013年10月号)

「らぶみちゃんデート編」