らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

皆さんこんにちわ!今月はドラマ「半沢直樹」についてです。毎週日曜日を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。7年ぶりとなるこのドラマ、初回視聴率は22%!回を追うごとに盛り上がりを見せています。ネット上では、歌舞伎役者たちの大げさな演技や半沢の敵役である大和田(香川照之)のくせのある演技が話題となっています。私はこのドラマをよりリアルに見ています。と言いますのも、私は家業の3代目としてこれまで永く商いを続け銀行とお付き合いをして来ました。祖父が昭和27年に福岡県大牟田市に小さな映画館を作ったのが会社のルーツとなります。その時、まだ信用のなかった祖父は銀行の支店長宅の前で三日三晩座り込んでやっと話を聞いてもらい、融資を取り付けたそうです。その時のご恩から「孫子の代までお世話になります」と支店長に言ったそうです。しかしながら、今はその都市銀行とはお付き合いをしておりません。永く商いを続けていると、ありがたいことに色んな経験をします。半沢直樹の世界は大げさではありますが、ある意味本当の部分もある、だから面白いのです。さてドラマは第2部に突入!半沢と大物政治家との戦いへ!前シリーズの最高視聴率は42%、どこまで迫れるか!次の日曜日が楽しみです。

(2020年9月号)

「らぶみちゃんデート編」