らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

皆さんこんにちは!この間、映画「ララランド」を見に行きました。アカデミー主演女優賞を獲得した作品です。映画スターを夢見るヒロインとジャズの店を持つことが夢のジャズピアニストの恋の物語。ぞくぞくするような面白さがありました。私は映画館の雰囲気が大好きです。それはたぶん私のルーツだからかもしれません。私は映画館の息子として生まれました。小学校の頃から劇場主招待券というものがありまして、映画見放題という恵まれた環境で育ちました。私はその券を友達に500円で貸して小遣い稼ぎの悪事を働いておりました!映画の思い出はたくさんあります。映画でいろんな恋を知り、人生を知りました。彼女と初めてデートした中学生の頃・・名画座で上映していたジェームスディーンの「理由なき反抗」を見に行きました。坊主頭に赤いスイングトップを着て、彼女の手を握ろうかどうしようかと映画どころでなかったのを思い出します。そして、その彼女と別れた後に一人で見に行った「続・思い出の夏」、切なかったなあ。高校生の時はジョン・トラボルタ旋風が吹き荒れたミュージカル「グリース」、オリビア・ニュートンジョンの歌声に魅了されました。さて、35年の時を経て「ララランド」。別れのラストシーンに青春時代の切なさを思いだした甘酸っぱい映画でした。

(2017年4月号)

「情熱リーグCP篇」