らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

らぶみ通信 社長のほっとメッセージ

皆さんこんにちわ!この間、大分県立美術館で7月7日~9月3日まで開催されている「ジブリの大博覧会」に行ってきました!事前にホームページを見ると「世界に冠たる日本のアニメーションをリードしてきたスタジオジブリ。豊かな創造性を膨大な未公開資料とともに紹介するジブリファン必見の展覧会」とありました。私といえば、ジブリ作品は数本見たくらいでファンというほどでもありませんが、「千と千尋の神隠し」は良かったなあ。初めて見る映画なのにどこか懐かしい香りがする不思議な映画でした。さて、博覧会・・女房と息子とチケット売り場に並び券を買うと大人1400円!映画並みの料金。私今年54歳になりますので、夫婦で映画を見るときには「夫婦50割」二人で2千円、お得な映画に比べて少し高い印象。そして、入場口から入ると人の多さにびっくり!袖すり合うも多生の縁、まさに腕が触れ合う込み具合。未公開のイラストなど、ファンは熱心に見ていましたが、私はちょろちょろっと拝見し出口へ!最後は猫バスで写真が撮れるとあって長蛇の列。出口を出たら、グッズ売り場にまた人だかり。「ふ~っ」ため息をつくと、入場者数13万人突破との張り紙が目に留まりました。客単価千円としても、1億3千万円、グッズ売り上げを含むと1億5千万円、恐るべしスタジオジブリ!圧巻の集客力でした。

(2017年9月号)

「情熱リーグCP篇」