ぱちんこ依存症への取り組み

ぱちんこ依存症への取り組み

CONTENTS6
心の病であるギャンブル依存症・・・
パチンコ業界が果たす役割とは?

求められる体系的「依存症」への道筋
[談話目次]
▼求められる体系的「依存症」への道筋
▼原因追求より対策実施が急務
▼現状認識と従業員教育
▼依存症の啓蒙、回復、そして理解
▼談話者プロフィール

詳しくはこちら ≫

CONTENTS5
負の部分から目をそらすな

ギャンブルの依存症を考える。
日本におけるギャンブル依存症だといわれている業界自身がパチンコ産業の負の部分をどうケアしていくかが、いま問われている。

詳しくはこちら ≫

(アミューズメント・ジャパンより)

CONTENTS4
いまでも好き。でも、やらない

ギャンブル依存症をケアする「ワンデーポート」の取り組み。
ギャンブル依存症の患者同士が集まって、生活をともにしながら回復へのきっかけをつかむ。ギャンブル依存症者の回復施設「ワンデーポート」に集う人たちは、みんないまでもパチンコ・パチスロが大好きだ。でも、なんとか「やらない生活」を取り戻そうと懸命に立ち向かっている。

詳しくはこちら ≫

(アミューズメント・ジャパンより)

CONTENTS3
ギャンブル依存症に対する
社会的責任の自覚を

日本におけるギャンブル依存症だといわれている。業界自身がパチンコ産業の負の部分をどうケアしておくかが、いま問われている。

詳しくはこちら ≫

(岩崎メンタルクリニック院長 岩崎正人さんインタビュー/アミューズメント・ジャパンより)

CONTENTS2
パチンコ業界から見た依存症をケアする

パチンコのおかげで 私は部下と、愛する家族を養っております。 パチンコが、皆様を楽しませるよりも 苦しませるほうが大きい存在になれば、私の社会的存在意義は無いわけであります。

詳しくはこちら ≫

(力武社長/2003年5月5日講演)

CONTENTS1
ギャンブル依存症者の回復へ
広がる活動の輪

ギャンブル依存症者のための回復施設「ワンデーポート」が3周年を迎えた。5月5日、3周年記念のフォーラムが横浜で開催され、パチンコ業界関係者がはじめて、ギャンブル依存症者やその家族の前で講演を行った。

詳しくはこちら ≫

(アミューズメント・ジャパンより)

「情熱リーグCP篇」